お問合せ

超人気コンサルタント養成講座を受講しました!

2017-07-02 | Category:ブログ
Tag:

「超人気コンサルタント養成講座」(講師:福島正伸 主催:(株)La Himawari 日時:2017年6月27日(火)19:00~21:00 場所:メルパルク京都)を受講しました。

京都まで行って福島正伸さん(株式会社アントレプレナーセンター代表取締役社長)のセミナーを受講してきました。セミナーのタイトルは少し受講するのが恥ずかしい感じでしたが、受講してコンサルタントって本当に良い仕事だな、と思いました。

さっそく、続きとなる研修「究極のコンサルタント養成講座 関西第7期」を申込みました。8月から4ヶ月間、京都に通おうと思います。

主に学んだこと、気づいたことは以下の通りです。

・本当の失敗とはあきらめること。あきらめないとは、やり方をかえる・自分を変えること。

・あらゆる事象は後で全て理由をつけられる。だから先に決める。例えば、問題が起きたとき、先に「それはチャンスだ」と決める。決めた後で理由をつくる。とにかく前向きに考える。

・人をコントロールしようとすると、人間関係に悩むことになる。自分を変えようとすれば、どんな批判も中傷もアドバイスになる。自分の思い通りにしよう、楽しようとすると、世の中は嫌な人ばかり。自分を変えよう、自分は未熟だと思えば、育ててくれるいい人ばかり。

・感謝は敵をつくらない。人間関係は感謝しかない。感謝だけして人とつきあう。

・人はその人が変わろうと思ったときしか変わらない。人は感動すると勝手に変わる。

・アドバイスをもらったら、ちゃんとやって必ず報告する。人はちゃんとやって報告する人を放ってはおけない。

・内野ゴロで全力疾走するのは、チームのメンバーに本気さを伝えるため。本気さは人を本気にさせる。

・本気で信じてくれる人が側にいたり、信頼関係の強いチームにいると、勇気が沸く。勇気があれば問題解決は楽しみになる。

・何気なく働かない、何気なく生きない。職場を人生で一番輝く場所にする。

・行き詰まるのは過去のやり方に固執しているから。

・人間関係、信頼関係の構築はまず自分がスタート。

・メンターの役割は、見本(率先垂範)→信頼(受け入れ)→支援(やる気にさせる)。

・コンサルタント自身がまず前向きに生きて(自立型人材になって)行動見本となる。自分の努力している姿を見せる。自分の生き方を見せる。

・コンサルタントは川に橋を架けてはダメ(相手が依存型人材になる)。自分が先に泳いで渡り方の見本を見せる。究極は何もせず側にいるだけ。ただし、きっかけは与え続ける。

・その人よりその人の夢を信じる。その人の夢を自分の夢にする。本気さで負けない。あきらめない。その人を大好きになる。

・成功は一人でするのが一番難しい、みんなで同時にするのが一番簡単。

・人は人と一緒でしか幸せになれない。だから人を幸せにする努力は、自分を幸せにする努力と言える。

 

IMG_2312

「ブログ」 関連の記事一覧

ページトップ